紀州備長炭(白炭)の8大効果


備長炭の顕微鏡写真



1.有害な物質を吸着する
人体に有害な化学物質(塩素・ホルムアルデヒド・ダイオキシンなど)を吸着し、木炭内部の巨大なろ過器によって水や空気を浄化します。コンクリー卜製の建物から放出される放射性物質ラドンも吸着します。


2.湿度の調節
 
白炭内部のびっしり詰まったミクロの孔は、樹木の時の樹液の通 り道。その広い表面積(1g当たり300平方メートル、畳なら180畳分)に湿度の高いときには水分を吸着し、湿度の低い鞋壊した時には吐き出し室内の湿度を調節します。


3.イヤな匂いを消す
 
住まいの匂いの元は密閉して普段あまり開けない所・室内の空気が循環しない所、湿気のたまるところです。備長炭は湿気を吸い取り、悪臭の原因となるカビ・ダニ・雑菌・害虫などの発生を防ぎます。


4.有害電磁波を遮蔽(シャットアウト〕
 
電化製品から発生される電磁波には刺激・発熱作用があり人体の水分の温度を上げ、電位 を狂わせる害があります。ガンや白血病などを誘発すると云われています。 木は電気を通 しませんが高温で焼かれた備長炭はセラミックのように硬くなり、電気を通 すようになります。電気特性のうえでも金属に近くなり、そこで電磁波が遮蔽されます。


5.マイナスイオンを増やす
 
マイナスイオンの多い環境(森の中や空気のきれいな場所)では細胞が活性化し、自然治癒力もアップします。さらにマイナスイオンは自律神経の副交感神経を刺激して精神を安定させるなど肉体的にも精神的にも好影響をもたらしてくれます。
 木炭はプラスイオンを吸着し.マイナスイオンを供給します。


6.遠赤外線による温熱効果
 
遠赤外碑の照射エネルギーは強い温熱作用をもち、有機物に対する吸収が高いため人間の体に極めてよく吸収されます。木炭風呂、サウナなどに利用されています。


7.天然ミネラルの源
 
樹木の時に土の中から吸い上げたミネラル分(カルシウム・カリウム・鉄・マンガンなど)が木材を炭化することによって濃縮され、しかも水に溶けやすくなります。


8.磁場を調整し、エネルギーを高める
備長炭は土地のエネルギーを高め、狂っている磁場を正常にする力を持っています。



# 備長炭風呂で自然治癒力をアップ
水洗いした備長炭(1kg以上)をお風呂に入れると強力な吸着性によって水道水に含まれる塩素、カルキ臭、トリハロメタンなどの有害物質や湯垢を吸い取り、さらに木炭内部の穴にいる微生物がこれらを分解します。遠赤外線効果 で身体の芯まで温まり湯冷めしません。血行が促進され寝付きが良くなり深い睡眠が得られます。肩こり、腰痛、神経痛、冷え性、不眠、皮膚病などの症状の改善に効果 的です。さらに、木炭は水の粒子を小さくするので、残り湯を洗濯に使うと汚れ落ちが良くなります。





玉井さん紹介 玉井又次物語 備長炭8大効果
備長炭質問集 木酢液 当店販売商品


松本湯へもどる